Design

先進のデザイン技術

3D設計や解析、ジェネレーティブデザインやラティス構造設計等、高度な設計支援サービスを提供します。

ジェネレーティブデザイン

auto-generation

ジェネレーティブデザインとはパーツに空間、強度、重量等の制約を与え、自然の進化をデザインに模倣させることで、ハイパフォーマンスでコストに優れたデザインモデルを生成する技術です。ゴールに向けた数十〜数百通りのアプローチをシミュレートし、様々なデザインモデルを一度に生成することが出来ます。

従来のサブトラクティブな部品製造方法では、ジェネレーティブデザインによって生成し最適化された形状を加工することは困難でした。しかし、3Dプリンターによるアディティブマニュファクチャリングにより、既成概念に囚われない形状を製造することが可能になりました。

AIとクラウドコンピューティング技術を基盤とし、人的リソースでは設計不可能ともいえる形状を生み出すジェネレーティブデザイン。他のコンポーネントとの接合、想定される荷重、安全率等、”条件”をデザインすることで、性能と強度を保証した部品を設計します。

ラティス構造とインフィル構造

lightweight and sturdy

製品の外観及び強度を維持したまま、材料と造形時間を節約する事が可能です。MIが提供するラティス及びインフィル構造設計により、内部を空洞化しコストの削減と軽量化を行います。

ロボットのペイロードを最大限に活用したい場合、当社で3DプリンティングされるCFRPエンドエフェクターは最適です。また、複雑な内部空洞構造により表面積を大きく増やし驚異的な熱伝導性能を発揮します。

3D テクスチャー

attractive design

トライボロジーに基づく表面構造を提供します。3Dテクスチャーは3Dプリントされた部品の表面をモデル段階から立体構造化し、摩擦をコントロールする技術です。材料や油によって十分なグリップ力が得られない場合、細かな凹凸を理論的に作る事で、性能を付与します。コーティング等ではなく、部品そのものの形状による特性である為、耐久性も高いです。

テクスチャー形状により、パーツの摩擦特性は大きく変化します。また、摩擦具合は相手材質、雰囲気、温度や湿度等、様々な条件で大きく変動します。当社では、独自開発の摩擦試験機により3Dプリンター部品とユーザー様の端材を反復的に摩擦試験する事が可能です。

MIがデザインしたプロジェクト

Digital Engineering Services

Design

3D設計や解析、ジェネレーティブデザインやラティス構造設計等、高度な設計支援サービスを提供します。

Read More

Reality Capture

工場内の空間スキャンから品質測定に耐えうるワークの高精度スキャンを行っております。

Read More